UTAichiありがとうございました!

0
    昨日のUTAichi楽しく賑やかに終了しました!

    お越しくださったたくさんのお客様♪
    たくさんの子供達♪

    UNITEのみなさん!
    出演者のみなさん!
    出店者のみなさん!

    スタッフのみんな♪

    本当にありがとうございました!


    UNITEのyasuoさんもおっしゃっていましたが、
    年々賑やかに大きくなるUTAichi♪

    そして、そんなこちらの気持ちに応えてくれているかのように
    パワーアップするUNITEの音。

    どんどん気持ちが近くなって、パワーが生まれる。
    そんなこともあるんじゃないかな♪


    こちらのリクエストで実現した子供達みんなが知っている歌「虹」
    UNITEと一緒に子供達の大きな歌声が響きました。




    庭のシャベルが 一日濡れて 雨が上がって くしゃみをひとつ
    雲が流れて 光が差して 見上げてみれば
    ららら 虹が虹が 空に架かって 君の君の 気分も晴れて
    きっと明日は いい天気 きっと明日は いい天気

    洗濯物が 一日濡れて 風に吹かれて くしゃみをひとつ
    雲が流れて 光が差して 見上げてみれば
    ららら 虹が虹が 空に架かって 君の君の 気分も晴れて
    きっと明日は いい天気 きっと明日は いい天気

    あの子の遠足 一日延びて 涙乾いて くしゃみをひとつ
    雲が流れて 光が差して 見上げてみれば
    ららら 虹が虹が 空に架かって 君の君の 気分も晴れて
    きっと明日は いい天気 きっと明日は いい天気 




    昨日のUTAichiもグッとこらえていた空が少しだけ雨を降らしました。
    子供も大人も毎日、泣いて笑って日々を過ごす。
    明日への希望を持ってね♪


    「次に千葉に来る予定はまだありませんが、
    来年のUTAichiへの出演が決定しています!」
    とUNITEが言ってくれていました。

    来年もきっと。。。

    vocal unit UNITE






    ++nao
    Twitter
    facebook

    *お知らせ*
    「千葉 すてきな雑貨屋さん」じんわりのページにある「カフェ」のお知らせですが、
    オープン予定が遅れています。大変申し訳ありません



     

    2-teレポ

    0
      こんにちは。
      2-teマーケットから1週間が経ちました。
      楽しかった様子をご紹介します♪


      前日の天気予報は曇り時々雨。
      降水確率は下がったものの、2-teの時間は少し降るかもという感じ。
      「晴れバージョン」「雨バージョン」両方の準備を。

      朝起きるとテレビも新聞も「千葉は曇り」と言っている。
      若干の不安を抱えながら「晴れバージョン」で行くぞ!と決めました。

      そして搬入が始まります。
      1組。。。2組。。。3組目と集まる頃には陽が差してきました!


      「成東に近づくにつれて晴れてきたよ〜!」と到着した出店者さん。
      みんなが太陽を呼んでくれたのです!!
      次々に出店者さんが集まって、2-teオーーーープン!




      たくさんのお客様が来て下さいました。



      今回はFOODの出店が13店舗。




      パンやさんも初めて3店舗お願いするというチャレンジをしたのですが。。。



      完売!!



      材料の追加に行ってくださった出店者のみなさんもありがとうございました!
      それでも13時前にはFOODが売り切れと言う事態に。
      楽しみにおいでくださったみなさん、申し訳ありませんでした。
      次回はもっとたくさんのお客様に楽しんでいただけるようにしたいです。
      ありがとうございました!


      そして、SHOPは16店舗。
      木工や布小物の作家さんやアンティーク雑貨、ナチュラル雑貨、
      リフレクソロジーやナチュラル食材、アロマ雑貨やお花、野菜など盛りだくさんでした♪

       








      そして、2-te名物!?台車のおにーさんとたくさんの子供達♪




      またまた名物!?の出店者同士の交流とたくさんのおしゃべり♪



      6月3日5歳になったjunkarcにたくさんの笑顔が集まりました。
      5年続けてきたことを誇りに思える時間。
      5年続けて来れたことに感謝する時間。
      たくさんの出会いと支えの中で歩いて来ました。

      ありがとうございます。
      ありがとう。

      ありがとうございましたーーーー!!
      これからもよろしくお願いします。


      ++nao



      33Gathering vol.5 無事終了しました〜

      0
        いや〜 今年はなんだか雨が少なかったのか猛烈な砂埃にやられました!

        汗に砂がくっついて乾いて、中学の部活以来の汚れっぷり・・・

        長靴が手放せない四日間でしたがお日様もお月様もしっかり顔を出してくれて、

        無事今年も終了しました〜





        とりあえず簡単に御報告。






        ::: 16日(金) 一日目 :::

        ステージ、テントなど大物を運び終えて一旦休憩






        竹の搬入。

        サブステージとティピと今年はインスタレーションも。








        「サブステージの屋根今年はどうします?」









        「こんな感じでどうでしょ?」
















        「ん。いいんじゃない〜」 

        福ちゃん御満悦?



        ここら辺の段取りはもう体に沁みこんで来たみたいです。

        サブが出来ると安心します。

        ROKUさん、迎さん今年もありがとうございます!



        *因みに来月の5日〜10日はROKUさんとこ20周年ぱーてぃ!!

        そして11月は去年に引き続き迎さんとこで
        FOREST JAM GRANDE

        僕らもおんぶたい持って参加です。







        サブ、最初のアーティスト。

        八木さんw








        初日から盛り上がりました!








        月とセッション。




















        ::: 17日(土) 2日目 :::





        設営2日目。



        メインステージの屋根「おんぶたい」を皆でロープ引っ張って立ち上げました。

        「「おおきなかぶ」みたいだね〜」って。



        ティピも穴掘って、竹立てかけて、登ってしばって布巻いて・・・



        ・・・でも作業に手一杯で写真が撮れませんでした汗









        ドラム缶で作った釜戸から煙がもくもく。

        今年の出店は生活感あって一味違いました。

        夜もメイン、サブ、DJブースと盛り上がりましたよ〜






















        ::: 18日(日) 3日目 :::




        33での日曜の朝の正しい過ごし方。



        昨日盛り上がっちゃたんだね〜






        正しい過ごし方



        大体6時くらい。しっとりしてただろうな〜








        ごんちゃんの布を使ったインスタレーション。

        有機的で凛としていて美しい・・・





        11:00 「7iRo」すたーと!



        凄い熱気でした。

        出店の顔ぶれと内容が半端じゃかったです。

        ・・・ちょっとその盛り上がりに圧倒されて自分のブースでぼ〜っとしちゃいましたw 

        ワークショップも盛りだくさん!

        贅沢なマーケットを今年もありがと!







        こっちは違う山羊さん。親子3頭で参加してくれました。

        来年は草刈隊でお願いしたい・・・ 熊さんどうですか?



        後ろにいるのは八木さん? いやいや本屋さん。ライバルですねw






        子どもも大人も、その独特な世界感に引きずり込まれる

        ムンドノーボぽこブヨ〜ダンのパフォーマンス。









        ポイのワークショップ。

        これもお馴染みの絵になってきましたね〜








        木工ワークショップ。

        子ども達必死です。







        「こんなんじゃお嫁にいけない〜」



        きっといけるよ、どこかの星に・・・





        7iRoの熱気も冷め、お日様も傾き始めて

        つくつくぼーしもヒグラシにバトンタッチ。

        ただひたすらゆるい、でもこゆい時間帯。充電タイム。











        そしてこの後夜はしっかりメインもサブも盛り上がり、

        音が光が灯りが会場を彩りました。

        jabalaniさんのキャンドル、liquidbloomのライティングが

        山の、自然の新たな一面をあぶりだします。



        でもカメラの性能が追いつかずその風景が取れず・・・

        毎年言ってますね、これ・・・

        33、カメラマン募集です!








        そして会場入り口から、受付、ラブカードブース、トイレ、駐車場そして出口まで

        愛のこもった看板が、33ライフをより快適なものにしてくれました。



        よっちゃんありがと!












        ::: 19日(月) 4日目 :::




        起きたくない、動きたくない、

        ・・・でも撤収です。




        梯子を登る足が疲れで震えます。でも下でその梯子を支えてくれる人がいて。




        そんな人達に恵まれて、時には誰かが登る梯子を下で支えて

        今年も沢山の人との関わりの中でこのお祭りを作れたことを幸せに想います。





        初めて来た方に良く言われます。

        「違う国に来たみたい・・・」



        ごくごく非日常的な4日間。

        でもその非日常は僕らがもっと日常に欲しいもの。



        別に日常的にお祭りしたいとかそういうことではなく、

        この33の非日常感の根底に流れている何かが

        ここで終わらず、逆にここから「日常」へと沁みだしていく・・・



        そんなイメージでしょうか。ぼんやりと・・・




        今年も本当にありがとうございました!

        来年もここで一緒に遊びましょう。






        kio


        秋空のマルシェ

        0


          10月3日に香取神宮の参道にあるUNOカフェさんの
          駐車場にて行われた「秋空マルシェ」。








          心配された天候もなんとかもってくれて
          その名前どおり心地よい秋空のもと

          出店数10店舗くらい?とこぢんまり、

          でもホントに質の高いアンティークや陶器、
          古着やその他雑貨なんかがぞろりと並びました。








          encafeの「たけでたくごはん」も
          途中からホントばたばたしてしまって、



          竹の厚さと乾き具合、節と節の間の長さ、火加減なんかと
          後勿論お米の水分量によっても炊け具合が変わってくるから
          お伝えした時間より大分オーバーしてしまったり・・・

          でも誰一人として苦情を言う人も無く
          最後には「美味しかった〜」って空の竹を帰しに来てくれました。



          皆さんの温かさに助けられました。

          やって良かった・・・









          お誘いしてくれた(というか半分強引に申し込んだんだけど・・・)
          UNOcafeのジュンコさんと当日子供達に絵本の読み聞かせを
          してくれていたマユミさん、

          そして終わった後に出店者全員に「あ〜ん」って
          梨を振舞ってたジュンコさんのお母さん、
          (あの包容力にやられましたw)

          ありがとうございました!




          今度イベントじゃない時に又ゆっくり珈琲とお団子食べに
          お邪魔します♪








          kio

          土気サタデーマーケット

          0
            ・・・遅ればせながら御報告です。




            8月28日にじんわりとencafeで揃って出店してきた
            土気サタデーマーケット

            いやぁ、暑かった!
            そして熱かった!!!



            昼間の3on3大会から








            素材、「手作り」にこだわったマーケット







            夜はファイヤーのパフォーマンスと



            ダンスのワークショップで大盛り上がり。






            山辺さんの夕暮れのボサノバも良かったな〜





            農とスポーツとアートの融合、

            というコンセプトで企画されたこの土気サタデーマーケット。



            国際色も豊かでいろんな物がそれぞれの想いの熱さに

            溶かされ交じり合って

            「ここから何かが生まれてくるかも・・・」

            という雰囲気と言うか可能性の匂いが

            会場を埋め尽くしてました。





            主催者の熊さん、武田君を始めスタッフの皆様

            あの猛暑の中、準備から夜遅くまでの片付け

            本当にお疲れ様でした!





            一緒に出店してくれたmamさんもありがとうございました〜







            kio



            つづく・・・

            0
              夏の最後のようだった暑さになった7iRoの日。
              あれから2週間経ったら、もう秋色の毎日ですね。

              先日7iRo主催の3人が集まって、お疲れ様会をしました。
              あの時の感動はまだまだ冷めず、
              3人とも同じ方向を向いていることがわかって、
              とても幸せでした。


              そして、7iRoにご参加いただいた出店者の方も
              想いをブログに綴ってくださっていて、
              それもとても嬉しいことでした。
              LoveEarthCouturierのナヲさんが7iRoブログにアップしてくれていますので、ぜひご覧くださいね♪


              物語はいつも「つづく」で終わります。
              これは読み手の心の中でその物語がどんな風になっていくのか、
              とても楽しみなもの。
              でも7iRoは想像だけでなく、また来年皆様につづきを作っていただける事になりそうです!
              そうできるように頑張ります!

              あらためて、
              みなさまありがとうございました!!


              ++nao




              山と太陽と人と・・・

              0


                今年も自然に恵まれ人に恵まれ、

                大きな怪我や事故も無く無事終了しました、

                33 Gathering 2010。





                いや〜凄かった・・・

                年を追うごとに成長していくこのお祭り。

                今年は大分前から構想はあったのだけどやっと実現した33初のマーケット「7iRo」が、

                33では今まで見られなかった"iRo"を付け足してくれて

                更なる広がりの可能性を感じさせてくれました。



                主催者のナヲさん、naomyさん、nao+++、

                そして出店者の皆様、素敵なiRoドリをありがとうございました!










                去年まで思い通りにいかず、押して押して

                次の日にまで持ち越されていた会場の設営とかの準備も

                今年はどんどんはかどって、

                あら何時の間にやらメインステージが、



                あれ気がつけばサブステージが、って感じで・・・



                DJブースも進化を遂げてます。

                ・・・なんだか深海の生き物みたい



                みんな流石に4年目ともなると全体のイメージと流れがつかめてるし

                お互いの癖や特徴も分かってるから

                頭と体が自然にそのイメージや流れと同調して動いてるのが見えてきて

                よし、これなら来年はもっと出来るって。







                地元で自分達の「楽しみ」を作りたいって極単純なところから始まった

                この33Gathering。

                でもその極単純なことが、実は凄い深みを隠し持っていたりして・・・





                今回凄く感じさせられたのは「自由」ということ。





                初めて遊びに来てくれたお客さんに

                「なんでこんなに自由なのにまとまってるんですか?」って聞かれて、

                ん〜、確かにみんなばらばらなことしてるんだけど、

                場の雰囲気というか空気はなんとなくまとまっててそれが

                凄く心地よいのはなんでだろ?って思って




                きっとそれはみんなが「自由」ってことと、自分勝手ってことの

                違いをしっかり意識してるからなんだろうなぁ、と。



                自由だから‐なんでもやっていい‐ではなくて

                自由だからこそ何をするべきかってことを考えなくちゃいけない。

                みんなが自分の色をどう表現すれば、この33という一つの「絵」を

                さらに心地よい物に変えられるか、って考えられればそれが一番いいから。



                ・・・って言いながらそういう姿勢でやっているからこその問題は

                いろいろ出てきてたりもするのが正直なところです。

                でもだからといって、ルールを作ってしまえば楽だけど、

                楽なことって対外、身にならないし楽しくない。





                次の日になったら、今朝見た夢の様にぼやけてしまう楽しみじゃなくて、

                体にも心にもしっかり残ってこれからを生きていく力になる、

                そんな楽しみを、遊びを作りたいから

                出来るだけ遠回りして、その遠回りさえも遊びに変えながら

                少しずつ、僕らも33と一緒に成長して行きたいと思います。






                33を盛り上げてくれた出演者と出店者の方々、

                そして会場設営や撤収、受付など

                影でお祭りを支えてくれたスタッフの皆・・・



                一緒にこのお祭りを作り、そしてあの時間と空間を共有できた事を

                心から幸せに思います。




                本当にありがとうございました!




                来年もここでお待ちしてます♪



                ありがとうございました!!

                0
                  みなさま、今回もありがとうございました。
                  7iRoは無事終了し、33gatheringも最後の撤収作業に入っています。



                  晴天に恵まれ、予想以上に暑い中、
                  たくさんのお客様に足を運んできただき、
                  賑やかなイロトリドリの時間となりました。

                  お子様もたくさん集まってくれて、
                  お山の空気を楽しんでいただけましたでしょうか♪
                  シャボン玉に集まるお子様たちに、ホッと心癒される場面もあり、
                  アフリカンダンスと太鼓のワークショップの賑やかさに
                  会場が一体になる場面もあったりと、
                  みんなの色が作り上げた空間は想像以上の広がりを見せてくれました。


                  どうもありがとうございました!
                  また来年も会えるといいな〜!!




                  山のおんぶ LIVE映像

                  0


                    城西国際大学メディア学部の学生と、山のおんぶの実行委員でもあり、
                    遊ぶ音のステージなどを手がけた作曲家の山辺義大さんが
                    山のおんぶ当日の映像をまとめてくれました。

                    是非ご覧ください!




                    山のおんぶ

                    0


                      大きなトラブルも無く無事終わりました、体験型音楽祭「山のおんぶ」。
                      終わったというのか始まったのかも・・・





                      今回初めてさんぶの森文化ホールからお話を頂いて、wo-unの二人で企画から関わらせてもらい、ある意味行政と市民との「協働」と言っちゃっていいと思うんですがそんな形でやらせて頂きました。

                      社交辞令でも誇張でもなく、僕らに自由に動ける環境を作ってくれて、しかも大事なところをきちんとフォローして下さった文化会館の職員の方々に心から感謝しています。





                      そして結果的に多種多様なアーティスト達がのびのびと自分達の世界を表現できるフィールドが出来上がって、
                      あれだけクオリティーの高い音楽祭を開けたことは僕らにとっても大きな喜びであるし、
                      山武市にとってもこれが一つの大きな財産になるんじゃないかと、
                      勝手な妄想かもしれませんがそう思わずにはいられませんでした。










                      僕らが実行委員に加わり、この音楽祭を企画運営するにあたり、
                      色々な想いがあるのだけど中々言葉にはできなくて・・・ 
                      言葉にしきれないからこそイベントをやってるってところもあったりして。

                      だからもしあの場所に来てくれた人が何かを感じてくれて、誰か大切な人とこの時間を共有したいとかまた来年も来たいと思ってくれたのなら、
                      僕としてはもうそれで十分です。





                      僕らは参加してくれた人たちに頭でこのイベントを
                      「分かって」欲しいのではなくて、体で「感じて」欲しい。
                      もちろん感じ方は人それぞれだけど、それでいい、それがいい。

                      僕がそれを言葉にすることで、皆が感じることを限定したくないし壊したくない。






                      ・・・でもやっぱり少しは言葉にしなくちゃいけないみたいで。
                      近い人たちからも「言葉にしないと伝わらないよ」と良くしかられます・・・

                      ので・・・



                      僕たち実行委員がこの音楽祭で大切にしたこと。
                      それは音を通して、音楽を軸にして人を、自然を、
                      世代を、地域をつなぐこと。





                      なんだか大きいことに聞こえるかもしれないけど、
                      元々音楽ってそういう役割もあるんだと思うんです。
                      歌にすることでその地域の歴史や文化が受け継がれたり
                      リズムやメロディーを分かち合うことでその場に居る人たちが一体感を得たり・・・





                      でもそんな音楽が、今や根本にある「音を楽しむ」という要素を失っていたり、
                      世代を超えて歌い継がれる歌がなかったりと
                      音楽で繋がれる関係が希薄になってるように見える。


                      だからこそただ聞いて楽しむだけの音楽祭ではなく
                      純粋に「音を楽しむ」という根本的なところを
                      子供も大人も参加し体験できる音楽祭を、
                      ということで今回のような形になりました。





                      で、今回僕が気づいたこと。
                      僕は多分今までまわりから「しつこいよ」と思われるくらい(笑)
                      繋がること、繋ぐことを主張してきたんだけど
                      結局は皆もともと、始めから繋がっているんだということ。

                      じゃないと僕らの命は今ココにない。

                      ただそれを感じられる場が少ないのかな、と。



                      はい、もうここまでです。
                      これ以上はもう言葉にしません笑

                      こう言葉にしたことが、皆さんがあの場所で感じ取ったことを濁すことなく、
                      逆に更に深めるためのヒントというか糸口みたいなものになるといいですが・・・




                      写真が殆ど無いですが夜も良かったんですよ〜

                      流木作家のHi-Dが手がけた吸い込まれるようなエントランスから
                      YUGEN GLASSのキャンドルホルダーに照らされた小道を抜け森のステージに入ると
                      頭上を覆う枝や葉の輪郭をなぞるように動くLiquid Bloomの映像が
                      暗闇に独特な世界を作り出してました。
                      ・・・そしてどこからともなく太鼓の音が。

                      Liquid Bloomの映像はタワーの中腹から
                      メイン会場も照らし出しました。
                      もう子供たちは大喜び。



                      地上を這う光を追いかけたり、
                      影を飛び越えたり・・・





                      フィナーレの里の秋大合奏も最高でした!
                      リハが当日一回のみだったし、どうなることかと心配でしたが
                      あんな格好いい里の秋、初めて聞きました。

                      伝統とか受け継がれていくものって
                      形も大事なのかもしれないけど、やっぱり一番大事なのは中身なんじゃないかな。
                      それが何故この地域で生まれて、この地域で暮らす人々にとって
                      必要であるのかということ。

                      それがしっかりつかめていれば多少形は変えてもいいと思う。
                      時代が変わって、生活様式や環境が変わっていけば価値観も
                      感覚も変わってくるのだから。




                      ここら辺の写真が無くて本当に残念なんですが
                      今城西国際大学の学生達が準備の段階から撮りためておいた
                      映像と音をまとめてくれているので
                      それが出来次第多分youtubeとかにアップされると思いますので
                      もう少々お待ちください。




                      当日は本当にお暑い中、遊びに来てくれた方々を始め
                      今回音楽祭としてのクオリティーを凄い高いところまで
                      持っていってくれた出演者、出店者の皆様
                      本当にありがとうございました!

                      そして前日の準備、翌日の片づけまで体に塩が浮くほどの
                      汗をかきながら一緒にお祭りを作り上げてくれた
                      スタッフの皆様、ほん・・・・っとーに
                      ありがとうございました!

                      そして来年もよろしくお願いします♪



                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>
                      ++junkarc++
                      千葉県山武市殿台229-1++++ 11:00〜18:00+++++++++++ close:sun/mon++++++++++++ *お問い合わせ*+++++++++++ 08054999542++++++++++++++ info@junkarc.com+++++++++ ビーフラット...アジアン雑貨・アップルハウス じんわり...ナチュラル雑貨・s.t.closet clothes
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM